一流投資家への道

投資家・トレーダーが専業として生きるための5つの秘訣

投資家・トレーダーとして専業になりたいという人は意外と多いものです。自分の趣味や家族との時間が自由に作れるというのは誰もが憧れる生活だと思います。

では専業投資家・トレーダーとして生きるための秘訣は何なのでしょうか?

専業投資家・トレーダーとして生きる5つのポイント

投資やトレーダーとして自信が付いてくると誰でも専業になりたいと思うのではないでしょうか?専業投資家・トレーダーの多くは「自由な時間を作りたい」や「不労所得を手に入れたい」と望んで専業となります。

一方、専業として生きるためには5つの秘訣があります。

  1. とてつもなく高いセルフイメージを持つ
  2. 専業としての準備を整える
  3. 不安や欲望に打ち勝つ
  4. 得意なところでのみ戦う
  5. 常に学び続ける

とてつもなく高いセルフイメージを持つ

専業投資家、トレーダーはとてつもなく高いセルフイメージが必要です。セルフイメージの高さは投資家、トレーダーとしての最も大切な要素です。

専業として生きていくということは投資家・トレーダーとして生きていくと決めるということです。理想的なトレーダーにすでになっていると決めて、そのように行動することで勝ち続けることができます。

セルフイメージの低い投資家やトレーダーは、「本当に大丈夫かな?」、「心配だな・・・。」などネガティブな思考になります。そのように考えて投資をすると正常な判断ができないどころか、自ら進んで損をすることを選びます。

よくお金持ちはセルフイメージが高いと言います。それと同じで投資家・トレーダーも自分の投資能力に対する確信が必要なのです。お金持ちの思考については以下の記事を参考にどうぞ。

お金持ちが大切にする10の思考と習慣!お金持ちへの第一歩「イェーイ!ラッキー!お金嬉しい!」 先日、私の子供がおばあちゃんから500円玉をもらって叫んでいました(笑)。お金を手にしてこれだけ...

そして、ほとんどの人は専業として生きていくにはセルフイメージが低すぎます。「私は専業投資家として絶対に勝てる。」という程度のセルフイメージでは専業は難しいです。3段階くらいセルフイメージを上げないといけません。専業投資家・トレーダーとして勝つのは当たり前のことです。

空気を吸う時に「私は空気を吸うことができる!」と意識しないのと同じで、勝つことが当たり前であれば勝ちさえ意識しません。トレードのプロセスに集中することはあっても結果を気にしたりすることはないのです。なぜなら勝つことは当たり前だからです。

世界三大投資家のジョージ・ソロスの名言にもあります。

良い投資とは退屈なものだよ。   By ジョージ・ソロス

セルフイメージが高い状態というのは、すでにゴールに到達している状態です。専業投資家・トレーダーはゴールに向かっているのではなく、最初からゴールに到達しているセルフイメージを持つことが大切なのです

専業としての準備を整える

専業投資家・トレーダーとしてスタートする前に必要な準備があります。これらの準備が整っていない状態であれば、専業は厳しいと言わざるを得ません。

  • 月の利益が最低50万以上勝っている
  • 投資の軍資金300万円以上ある
  • 半年分の生活費がある

月の利益が50万円以上というのは年収600万円レベルです。しかし、実際には所得税や市民税などで150万円ほど引かれます。手取り年収は450万円くらいで、それだけあれば専業として食っていけるでしょう。理想的には80万円以上を目指していきたいところです。

投資には軍資金が必要です。レバレッジをかけることを前提に考えると、投資資金は最低300万円は必要です。運用資金は大きくなれば大きくなるほど収入も上がります。

専業には何が起きるかわかりません。投資能力が高くても突然の環境の変化によって稼げなくなることもあります。そのような時のために、半年分の生活費の確保が必要です。生活費が20万円なら20万×6カ月=120万円です。

不安や欲望に打ち勝つ

投資家、トレーダーはメンタルが命です。専業になるとトレードについて考える時間が兼業と比べてはるかに長くなるため、ネガティブな感情が大きくなりやすいです。さらに兼業トレーダーのように本業という安心領域もなくなり、心理的には不安定にもなりやすいのです。

追い込まれた心理で不安を感じたままトレードするとほぼ確実に勝つことはできないでしょう。不安を感じ、「ヤバい!ピンチ!勝てない・・・」と考えれば考えるほど負けてしまうことに意識が向いて、本当に負けてしまいます。

どのような情報を見ても無意識のうちに負ける方向に向かってしまうのです。このような状態になると不思議なほど負け続けてセルフイメージまで落ちるという悪循環に陥ります。

さらに偶然勝てたとしても潜在的な不安から強欲となり、利確や損切ができずに結局は損失を出してしまうのです。専業投資家・トレーダーほど自分自身に余裕を持って感情をコントロールする術が必要なのです

得意なところでのみ戦う

専業トレーダーは情報収集に多くの時間をかけることができます。他人のトレードや成功を目にしたり、新しい情報やツイートを目にする機会も増えます。すると「この方法で勝てるかもしれない。」と欲望が湧いて深く考えずにエントリーしてしまいます。

自分の投資ルールにはない勝負をしてしまうのです。本当に力がある投資家・トレーダーは忍耐強く待つことができます。自分が得意なところまで待って、確実に勝てると感じたところでのみトレードするのです。

自分が勝てるところでトレードすることでかなりの確率で勝つことができます。逆に一瞬の欲望に負けて根拠もないところで勝負すると負けるのは確実です。必要以上に他人の情報を信じたり、浅い考えで自分のルールにない投資をすることほど愚かなことはありません。

専業投資家、トレーダーは待って、待って、待って、ひたすら待って勝てるところで勝負するのです。慣れるまでは「これなら勝てそうだな。」と感じたり、「いけそうだな。」と感じてルールにないトレードをする繰り返してはいけません。

投資家ウォーレン・バフェットも言っています。

私たちはある程度の成功を収めることが出来ました。それは”飛び越えられるであろう30 cmのハードルを探すこと”に精を傾けたからです。2mのハードルをクリアできる能力があったわけではないのです。    By ウォーレン・バフェット

常に学び続ける

これは言うまでもないことかもしれませんが、専業投資家・トレーダーは学び続けなければなりません。世界で投資を行っている投資家やトレーダーの多くは一流大学を卒業しています。

日本では東大卒業生は官僚になりますが、アメリカではハーバード卒業生が投資家・トレーダーになります。投資は頭が良ければ勝てるわけではありませんが、そのような人と戦うという覚悟がなければ勝てません。

そして、そのような人と勝負して圧倒的に勝つためには言うまでもなく常に学び続けることが大切なのです。専業投資家・トレーダーの仕事の99%は、投資の勉強、研究、テスト、反省、改善と言っても過言ではありません。残りの1%で実際にトレードをするだけです。

不必要にチャートを眺めたり、ニュースや情報を見たり、ツイッターや他人の発言に左右されるのではなく自分の頭で考えて学び続けましょう。

『どのような理由で自分はこのトレードをしたのか?という題で、1本の小論文を書けないようならトレードするべきではありません。そのくらい学んではじめてトレードをしても良いのです。

専業投資家・トレーダーとなるために

専業投資家・トレーダーとなるためには「なりたいな。」や「面白そうだな。」というレベルでは厳しいと言わざるを得ません。個人投資家の90%は負けているという現実を考えるべきです

専業投資家・トレーダーになるためにはそれこそ毎日トレードに命を懸けているヘッジファンドのトレーダーと同じ舞台に立たなければならないのです。ヘッジファンドのトレーダーは情報量も質も環境も設備もすべての面でそろっています。

専業投資家・トレーダーとして食っていける人は「なりたいな。」ではなく、1年後になると決めます。そして、すでにゴールに到達している自分からスタートして必要なものをそろえていきます。

あなたにそれだけの信念と確信があれば、きっと専業として成功するでしょう専業となる前に最高のセルフイメージと準備、感情のコントロールと必勝トレード法、学び続ける気持ちを持つことができればはじめてスタートラインに立つことができますよ