投資の豆知識

個人投資家として成功できる確率は?厳しい現実と希望

自分の人生を自由に生きたい!個人投資家として生計を立て、会社に縛られない自由な生活は誰もが一度は憧れるのではないでしょうか?

個人投資家の中には株式投資で100万円を30億円にした人や不動産投資で月収18万円から2,000万円になった人もいます。

しかし、投資で成功する人がいるということは反対に失敗する人もいるということです。投資の儲けは安値で買ったものを高値で買う人がいるから成り立つのです。

一般的には投資について以下のような厳しい現実があります。

  • トレードで勝てる個人投資家は全体の1割にも満たない
  • 株式市場に参加している個人投資家の95%は損をしている
  • 個人投資家のほとんどが市場から6か月以内に姿を消している

このような事実は投資市場が成熟すればするほど顕著に現れます。50年前の株式市場は個人投資家が90%を占め、機関投資家は10%程度でした。そのような環境では他の個人投資家よりも素早く情報を仕入れることができれば抜き出ることができました。

しかし、現在の株式市場は90%の機関投資家と10%個人投資家で構成されています。機関投資家は資産規模も情報量も個人投資家とは比較になりません。機関投資家は政治家にコネクションを持ち、高給なアナリスト(分析者)を雇い、様々な情報機関から最新情報を買っています。機関投資家にとって個人投資家の売買行動は「ノイズ(雑音)」にすぎないのです。

では実際にどのくらいの個人投資家が成功できているのでしょうか?

投資家として成功できる確率は5%

個人投資家においての成功とは投資で年収1,000万円を達成できるレベルとしておきます。日本証券業協会の「平成28年個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書」の報告によると個人投資家として年収1,000万円を達成できる人は7%くらいと言われています。ただし、この中には会社員収入も含まれているため、投資収入だけで1,000万円を稼ぎ出す人は3%以下といわれています。

また、個人投資家として成功できるかどうかは資産規模によって大きな違いがあります。

たとえば、資産10億円の人と1,000万円の人では個人投資家としての成功率が大きく変わってくるでしょう。資産10億円の人は年利1%の運用で年収1,000万になりますが、資産1,000万円では年利100%というリスクの高い運用をしなければなりません。

もちろん資産1,000万円でもデイトレードやFXなどハイリスク・ハイリターン投資で成功することができますが、その際は自由な時間がある生活というよりもチャートとにらめっこという生活になるでしょう。

ちなみに投資で成功している年代は60代以上が多くなっています。これは個人投資家として食っていくためにはある程度の資産が必要ということを示しており、専業投資家として余裕を持って暮らすには2~3億円の資産が必要になります。

また、厳しいようですがデイトレードなど短期トレードで勝ち続ける投資家は全体の3%以下です。もちろんデイトレーダーは実力次第で年収1億円も可能ですが、トレーダーに聞くとずっと続けられるような仕事ではなく、いつも損失の出る不安と隣り合わせと言います。

このようにデイトレードで稼ぐということはかなり神経をすり減らすため、自由な生活を求める人にとっては成功とは言えません。

投資には株式投資や不動産投資、FXや仮想通貨投資など様々な方法があります。それぞれの投資分野で必要な資産規模や能力が変わってきますが、投資家として成功できる確率は5%くらいと考えた方が良いでしょう

投資家として成功するためには資産形成がカギ

つまり、個人投資家として余裕を持って暮らしていくためには2~3億円の資産をつくることが必要です。そのためには兼業投資家として給料を投資資金に回して増やしていくことが近道です

多くの個人投資家は兼業投資家として給料を貯め、節約して資産運用資金を作り、投資で増やしてから専業投資家になります。これはシンプルですが最も確実な方法です。

逆に投資としてよくある失敗は、「退職金が手に入った」や「大金を手にした」など最初から大きな資金を動かそうとすることです。投資初心者は誰もが失敗を繰り返しながら負けない投資家になっていきます。

投資で失敗したことがないという人は「投資家として失敗している可能性があります。」リスクを取っておらずに失敗から学んだこともないからです。

個人投資家は最初の失敗から多くのことを学びます。だからこそ個人投資家として成功を志す人は給料を貯めながら少ない資金で投資をはじめるべきなのです。詳しくは以下の記事が参考になります。

お金がないからこそ投資をはじめる!資産がなくても大丈夫私は増えない給料に絶望していました。日本で普通に働いていたらこれ以上給料が増えることはほぼありません。それは会社員時代から感じていました...

投資家として成功するための要素は?

投資家として成功するためには様々な要素が必要ですが、最も大切なことは3つあります。

  • 投資が好き
  • セルフイメージが高い
  • 準備ができる

「投資が好き」というのはその投資分野において調べたり学ぶことが好きということです。好きこそものの上手なれと言いますが、興味があることに関して私たちは自然と情報を仕入れることができます。

たとえば、新車のプリウスを購入しようと考えている人は、自然と町を走っているプリウスに目がいきます。何かに気づくのはその人が興味を持っているからです。投資として圧倒的に高い情報量を持つ機関投資家に勝つためには、誰にも負けないくらい好きな投資を見つけることが大切です。

次に大切なのはセルフイメージの高さです。ここまで個人投資家としての成功の厳しさを伝えてきたのには理由があります。もしあなたがこの記事を読んで「投資家は難しそうだな」と感じるのであれば今は投資をする時期ではありません。セルフイメージが低いからです。

投資家として成功できる人は例外なく高いセルフイメージを持っています。勝つことが当たり前なので「自分は絶対に勝てる。」とすら言いません。また、投資家としての成功確率を調べることもありません。なぜなら成功できると確信しているからです。

投資家としての成功確率が気になるということは、心の中で投資家として勝てるか不安があるということです。そのようなメンタリティーで投資を行うとほぼ負けてしまいます。

投資の世界にはプロもアマチュアもありません。投資を行うと行動した時点であなたは突然プロ野球の世界に入り込むことになるのです。もちろん最初はヒットを打つことも大変です。三振をすることもありますが、セルフイメージが高ければ確実に成長して勝てるようになります

最後に大切な要素は準備です。投資家の仕事は準備をすることです。投資家が投資を行うのはマウスをクリックする一瞬の時間でしかありません。投資家にとってはその一瞬を判断するためにどれだけ準備をしたかが勝負を決めます。

投資家の成功率は5%と伝えましたが、実は90%の投資家は準備をしていません。準備というのは日々学ぶことや自分の頭で考えて判断することですが、多くの投資家はすでにある情報を信じます。自分の頭で考え、調べないので大衆と同じ判断を下します。

投資で最も勝てないのは大衆と同じ判断をすることです。勝てる投資家は自分の頭で考え、行動して準備をするため勝つことができるのです。

成功する投資家に興味がある方は以下の記事も参考にどうぞ!

成功する投資家の共通点は?10の知恵を学ぶ投資の世界では200万円の資金を、株式投資によって3年間で4億円にする人や不動産投資によって、月収17万円の会社員から家賃年収1,700...