自己啓発

理想の1週間を書いてみると不思議と叶う

仕事しないで自由な生活がしたいな~
毎日趣味や楽しいことがしたい
気ままに旅をして過ごしたい

何となくこのように考えている方は多いのではないでしょうか?

実は私自身、そのように考えている一人でした( ゚Д゚)。

しかし、やりたいことを曖昧に考えているうちは、何一つ叶えることができませんでした(´Д`)。

そこで夢を叶えるために真剣になって自分の目標を見つめなおしました

コラージュを作って5年後の理想の生活をイメージしたり、理想の1週間を書いてみたり、やりたいことリストを作ったり、あらゆることをやってみました。

その結果、叶えたかった夢は全て現実になりました。

何よりも自分が一番驚きましたが、今でもコラージュや理想の1週間をつくることで夢を叶え続けることができています。

夢を叶えるコラージュに興味がある人は以下の記事を参考にどうぞ。

夢を叶えるコラージュの書き方 人生を生きているといろいろな夢や目標がありますよね。 ではどうしたら夢を叶えることができるのでしょうか? 今回は夢を...

自分の理想の1週間を書いてみることは地味ですが、夢を叶えるためにすごく効果的ですよ!

理想の1週間を書くことで夢は叶う

よくそれが「やりたいことリスト」を作ることで夢は叶うと言われています。

私も「世界中を旅する」や「世界の有名サーフスポットでサーフィンする」、「億万長者になる」など300くらいのリストを作りましたが多くの夢が叶っています。

(億万長者はもうちょっと!(´Д`)!)

このように夢ややりたいことは書くことで叶うのですが、これは科学的にも証明されています。

たとえば、量子力学の分野でも思考は現実になることがわかっています

私たちの脳は何かを考えているときに一定の振動(周波数)を発しています。脳は意識的にも無意識的にも様々な振動を発しているのです。

その振動数が物体(または思考)の持つ振動数と一致するとお互いに引き寄せられます。

つまり、人は常に考えていることを引き寄せているのです。

これはよく考えてみると当たり前のことです。

たとえば、あなたがトヨタのプリウスを買いたいとします。すると町中を走るプリウスが気になりませんか?

今まで気にならなかったプリウスの特徴にも気づくようになるはずです。

理想の1週間を書くことも原理的には同じです。

あなたが理想の1週間を決めると、脳は自然にその夢を達成するための方法を検索し始めます

だから理想の1週間があいまいでぼんやりしたものでは脳が能力を発揮できません。

たとえば、乗り物が欲しいと思っても、乗り物は多すぎてどんなものが欲しいかわからないので脳はぼんやりとしたものしか引き寄せられないのです。

ですから、この理想の1週間は細かくて明確であればあるほど良いです。

細部まで細かく書かれたものほど脳が本領を発揮しやすいのです。

夢が叶う理想の1週間の作り方

では書き方を説明します。

まず、あなたが過ごしたい理想の1週間を書いてみてください。

そして、その生活をいつまでに達成するのかも決めます3年後でも5年後でも良いですよ。

ぜひ、めんどくさがらずにやってほしいと思います( ゚Д゚)。

最初は理想の1日を書くだけでも良いのですが、1日だとやりたいことを全然できないことに気が付きます。

ですから1週間を書くことで理想の生活が見えてくるのです。

ポイント

できるだけ細かく情景を思い浮かべながら書く
・どんな気持ちで過ごしているかも書く
・実際に1週間の中の理想の1日を過ごしてみる

大切なのはどんな気持ちで過ごしているかも書くということです。

思考が現実化するためには感情(気分)がかかせません。

私たちの思考を根底から変えるためには感情のエネルギーが必要だからです。

多くの人は「理想の1週間を叶えることができる」と言われてもどこかで「そんなことあるわけがない」と思っています。

人間には現状を維持しようとする機能があるからです。

たとえば、人体では体温のように現状を維持しようと努める機能(ホメオスタシス)があります。これは思考にも当てはまります。

考え方を変えるということは昨日まで生き延びてこれた思考を手放して、生き残れるかわからない新しい思考に我が身をさらすことになります。

それは危険なことなので、人間は自分が生き残るために、本能的に現状の思考を維持しようとするのです。

このような現状維持機能に打ち勝って理想の生活を実現するためには、思考だけでなく感情(気分)という爆発的なエネルギーが必要です。

ですから、理想の1週間を書くときはその時の気分まで細かく書き、その感情に浸りきることが大切なのです

そのためには実際に理想の1日を過ごしてみても良いです。

または、あなたの理想の生活をすでにしている人と過ごすのも効果的です。

どちらにしろ理想の1週間を書き上げる時は感情まで書きましょう。

理想の1週間の書き方の事例

私の場合は文章で7日に分けて理想の1週間を書いています。

それを手帳に貼り付けて空いた時間に目を通してそのときの気分に浸るのです。

ちょっと手帳の文字が読みにくいので参考までにどんなことが書いているか紹介します。

少し恥ずかしいのですが、少しでもあなたの参考になれると嬉しいです(´Д`)。

私の人生は自由だ。人生は自分で選ぶことができる。私は幸せになることを選んだのだ。毎日を豊かな気持ちで生きることに決めた。
毎朝、今日はどんな楽しいことをやろうかとワクワクした気持ちで起きる。毎日が夏休みだ。仕事も楽しく行えることをする。朝は3時に起きて、静寂の中で瞑想をはじめ、人生に感謝する。代表を務める合同会社Life Waveは、『幸せを大切にするライフスタイル』を応援する企業だ。それは、環境の整え方から痛みとの向き合い方まであり、人生と向き合う勇気が持てるようにサポートする。それによって月収は150万円を超える。
5時からはお気に入りのサーフボードを取り出して海に向かう。車内ではサーフミュージックやオーディオブックを楽しみ、東の空は次第に明るくなる。海に入ると、海水はまだ少し冷たいが最高に気持ち良い。波の音に耳を傾け、自然と一体になって生きる喜びに感謝する。8時には海を上がり、程よい疲れを感じながら家に向かう。体調は万全で体重は62㎏、体脂肪率は10%である。
家に着くと海の見えるテラスで妻と読書にふける。私は妻が好きなことを大切にできるような環境を作る。11時には妻と一緒にCafeで昼食をとる。昼食は2人で様々な話ができる最高の時間だ。14時からは公民館で運動指導を行う。腰痛や肩こりなどを取り除くことで参加者の笑顔や感謝の言葉を聞くことができる。私は人の痛みを取り除くことに喜びを感じる。
17時からは子供と一緒にキャッチボールをしたり、走り回って遊ぶ。家の庭は広く、家庭菜園を行うスペースもある。18時には家族一緒に夕食をとる。妻の最高に美味しい料理を食べながら今日の出来事を話したり、笑い合いながら過ごせることに感謝する。19時からはお風呂やテレビ観賞、音楽鑑賞、読書やランニングなど思い思いに自由に過ごす。夜風は心地良く、人生の喜びを肌で感じている。10時には家族、自然、人生に感謝しながら眠りにつく。
私の生活は自分で決めることができる。サーフィンをしたいと思えばハワイで過ごし、スノーボードをしたいと思えばヨーロッパに行く。人生はイメージした通りになることを確信している。

私は2015年にこの理想の1週間を作りました。3年後の2018年までに達成すると決めましたが、実際には2017年に達成することができました。

その間には何度も理想の生活を書き替えています( ゚Д゚)。

最初はビーチでバカンスを楽しむようなことを書いていたのですが、これを実際にやってみたら恐ろしいほど暇で苦痛でした(´Д`)。

こんな感じのイメージでしたが、私には30分も持ちませんでした。

この理想の1週間を書くことの良い点は、書きながら自分の理想が整理されていくことです。

私はずっと働かずに趣味だけやって暮らしたいと思っていました。

しかし実際にこれをやってみると恐ろしいほど退屈です(´Д`)。そして、穏やかな不幸感に包まれていきます( ゚Д゚)!

よく仕事は生きがいと言いますが、社会とつながらずに趣味ばかりやってもなんだかまったりとした不幸感に包まれていくのです。

お金持ちでも仕事をしないで遊んでばかりいる人は、実は幸せを感じていないのではないかと思います。

また、私のやり方とは異なりますが、理想の1週間をスケージュール表に書く方法もあります。

この場合、書きやすいのですが感情や気分を書きにくいというというデメリットがあります

理想の1週間は感情を書き込むことが大切なので、感情も記入できるように工夫してみてくださいね。

行動することで全てが変わる!

それではぜひあなたの理想の1週間を書いてみてください!

騙されたと思ってトライして欲しいと思います。最初は簡単なものでかまいません。

少しずつアップデートして細かくなっていくとベストです

最初の一歩を踏み出すことで思考が変わり、行動が変わり、きっと理想の1週間を実現することができますよ!

最後にあなたが行動に移すことを祈って次の詩をお届けします。

思いの種を蒔き、行動を刈り取り、
行動の種を蒔いて、習慣を刈り取る。
習慣の種を蒔き、人格を刈り取り、
人格の種を蒔いて、人生を刈り取る。
By サミュエル・スマイルズ(自助論)

少しずつファイトです!