事業の思考

新型コロナが流行る中で何をすべきなのか?好きなことでしょ!

沖縄の天気が良すぎて、ビーチにでかけたいけどコロナが怖くて出られないShunです。新型コロナウイルスで昨年オープンしたゲストハウス一番座も絶賛キャンセル中です。4月は10件くらいキャンセルになったなぁ~笑。

今日は新型コロナウイルスが流行って時代が大きく変わる今、何をすべきか考えてみた。まぁ結局は好きなことを全力でやるしかないよね笑。

今後半年間で観光業や飲食店は倒産が相次ぐ。そこにはいろいろな人達の想いがあるから、すごく悲しいことなんだけど悪いことばかりじゃない。このような激動の時代には生き方が大きく変わる。

嫌いなことやどうでも良い生き方をしていた人たちはこれを機に自分の人生を考える時間ができると思うんだ。たとえば、コロナの影響で仕事がないから家にいるでしょ。すると子供と接する時間が増える。そしたら、家族との時間がすげー幸せだなって気づくかもしれないし、逆に仕事サイコー!ってなるかもしれない。どっちにしろ生き方が変わる。

私はコロナウイルスの後から、「好きなことを全力でやる」人がめちゃくちゃ増えると思う。だって、嫌いなことやっていたってまた新型ウイルスが出たら会社や事業はどうなるかわからない。だったら、いっそのこと好きなことやったほうが良いよねという時代になるかもよ。

そんな事言うと「何もしたいものがない」という人もいる。その気持はよくわかる。私は新卒で研究員として働いていたときにそんな状態だった。まず、好きなことについて考える余裕も無ければメンタルもない。仕事から帰ってきたら疲れてバタンだし、そもそも何かができるとも思っていなかった。だから、「好きなことがわからない」っていう気持ちはすごくわかるんだ。

でもみんな好きなことはある。だって子供の頃は何かしらやりたいことがあったし、夢中になれることもあったはず。

それが大人になると忙しさや「できないかも」というあきらめからやりたいことがないという気持ちを考えてしまう。すごくわかるけど、そんなときは何でも良いからまずやってみたほうが良い。選り好みしても前に進めないからとにかく目についたものを全力でやってみる。

ポイントは全力ということだと思うんだ。全力でやると合うか合わないか、楽しいか苦しいか見えてくる。これは全力を尽くさないとわからない。そして、本当に好きなことが見つかったら残りの99%はどうでもよくなる笑。1%の本当に好きなことをやるための99%の嫌いなことが楽しくなっちゃうんだ。

この新型コロナウイルスの影響で時代はさらに加速していく。せっかくだから、少しでも時間ができた人はブログ書いてみたり、本を読んでみたり、何でも良いから初めてみてね!