当サイトについて

当サイトを見ていただきありがとうございます。
投資初心者あすへの一歩の管理者のシュンと言います。

私が投資をはじめた理由は自分の生活をもっと楽しみたいと思ったからです。20代のころ、私はオーストラリアに1年間住んでいました。ワーキングホリデイを利用して仕事をしたり、サーフィンをしたり、友達と車を買ってオーストラリアを一周したりしていました。

オーストラリアの人々って本当にいろんな人がいて、「半年間を農家で働いて、残りの半年を遊んで暮らす人」や「世界中を10年くらい旅している人」や「サーフィンのために定職につかずに楽しんでいる人」など色々な出会いがありました。

当初、私の感覚ではそんな適当な生活を送っていて将来は不安じゃないのか!と思っていました。自分自身は人生に迷ってオーストラリアに放浪したことを棚に上げてです(笑)。

だからみんなに聞きました。「将来はどうやって暮らすの?心配じゃないの?」って聞きまくりました。実際に心配だったのは私自身でしたが(笑)。

すると彼らは答えてくれるのです。
「Shun,Enjoy Yourself!!」

「シュン、何を心配しているの?自分自身を楽しめよ?人生一度きりだぞ!わっはっはっはー!」みたいなノリです。みんながみんなそうなんです(笑)。オーストラリア人は人生を楽しんでいる人が多かったです。70歳のおばちゃんはビーチで水着を着て、おじいちゃんと手をつないで散歩していましたし、クリスマスや正月は大型ショッピングセンターも休みだったりします(家族と過ごすから休むらしい)。

そんなこんなのオーストラリア生活で毎日を楽しく過ごす姿勢が身についていた私は、意気揚々と日本に帰ってきました。そこで本当にびっくりしたのです。満員電車の中で死んだ目をしたようなサラリーマンたちに・・・。

いや、サラリーマンの生活が悪いとかそういうわけではないですよ。やっぱり、家族のために頑張って仕事する背中はかっこいいものです。ただ、人生を楽しんでいる陽気な国の人たちと比較してこんなに違うのかと驚いただけです。

そして10年の月日が過ぎて・・・。

20代の時、仕事は一生懸命頑張りました。ごくごく普通の会社で働いて、仕事は大変ですが生活に困ることはありませんでした。でもあるとき、鏡に移る自分の顔を見て驚きました。満員電車に乗っているサラリーマンの目と同じだったからです。私はいつの間にか自分自身を楽しむことを忘れていました。気が付くと自分のやりたいこともわからない状態でした(笑)。

そんなときに、私はある本に出会いました(題名は忘れてしまいましたが(笑))。その本にはこんな一節が書かれていました。

「あなたはあと3カ月しか生きられません。何をしますか?」

私だったら大切な家族と最後に旅行したり、妻には今までありがとうと感謝の気持ちを伝えたり、大好きだったサーフィンをやったり、子供に一日一日を生きることの大切さを伝えますし、他にもいろいろとやりたいことが浮かびました。そして、その本では次のページでこう書かれていました。

「なぜ、いまそれをしないのですか?」

あなたにとって人生で最も大切なことを後回しにしてもいいのですか?という内容でしたが、私にとってはすごく衝撃的でした。もう気持ちにグワッーと食い込んでくるような衝撃を受けて少しの時間、放心状態になりました。
(でも本のタイトルは思い出せない・・・(笑))

それからはやりたいことにチャレンジしようと心に決めました。自分自身をもっと楽しむと決めて、興味のあることはすべて取り組みました。会社は副業禁止だったのですが、運動指導の仕事をしてみたり、インターネットでビジネスをしたりして、大好きなサーフィンも再開しました。

そして、前置きが非常に長かったのですが、生活を楽しむための時間が欲しかったので投資にもチャレンジすると決めました。投資によってお金を働かせて、自分は怠けようと考えたのです(笑)。私はだいぶ怠け者です(笑)。

そして3年の月日が過ぎて・・・

私は会社から独立する事にしました。収入源は運動指導、インターネットビジネス、投資の3本柱です。副業のことは会社に最後までバレませんでした(笑)。実際には私の場合、副業をすると視野が広がって仕事にもプラスに働いていました。仲の良い同僚には副業のことを話していましたが、やりたいことをやると決めた私を応援してくれました。一度しかない人生を自分なりに精一杯生きていきたいと妙に熱く語っていたのを覚えています。

独立した当初、収入については波があって不安定でしたが、自分にとって満足のいく収入となっています。何よりも波が良いときにサーフィンに行けて、子供が熱を出したら心置きなく仕事を休めて、自分がやりたいと思ったことに思いっきり挑戦できる環境がとても好きです。

オーストラリア生活のように自分自身を心から楽しめるようになりましたし、朝起きたら今日は何をしようかな~とワクワクしています。

フリーランスは毎日が仕事で毎日が休みといいますが、本当にその通りです。ただし、仕事に対する心構えは会社員時代と全く異なります。楽しくて選んだ仕事なので、仕事というよりも遊びに近いですし、たくさん働いても疲れないのです。忙しいときは連日、夜中の2時に起きて仕事をしますが(昼はサーフィンに行くため(笑))、仕事自体が好きなのでしんどくないのです。

前置きがついつい長くなってしまうのですが・・・(笑)

このサイトは私が投資を通して学んだことや感じたことを記録するためのブログとして作りました。投資については最初、お金の亡者がやることだと勝手な思い込みを抱いていましたが、結局はそれは私自身がお金の亡者だから、自分に言い聞かせていた罪悪感の一部でしかありませんでした。

投資の本来の意味は、より良いものを「応援する」ということだと思います。自分が気に入った世界に対して自らが働きかけることができ、その結果としてお金もいただけるのが投資です。

会社員として働いていた時の世界は「競争の世界」でした。社員同士で出世競争をして、経営者になると競合他社との競争に入ります。でも投資家やビジネスオーナーは「応援の世界」で生きています。生きている世界が全く違うのです。私は投資初心者の背中を押すことで「応援の世界」がもっと広がるといいな~と思っています。

だって私たちがあと3カ月しか生きられないとしたら、果てしない競争の世界で頑張るでしょうか?私たちが死ぬ前に、競争で買ったとか負けたとかを懐かしく思うでしょうか?それよりも私は心から誰かを応援し、心から誰かに応援された日々を懐かしく想いながら死にたいなと思いました(笑)。

そんな「応援の気持ち」で投資を行っていくと、次第に世の中のお金の流れが見えてきました。お金に対する不安って、結局はお金の流れが見えていないため、お金が入ってこない事やお金を失う事に振り回されている状態です。お金の流れが見えることでそのような心配はなくなり、豊かな気持ちで生活できるようになりました。

私はお金の流れが見えることはすごく大切だと思っています。これが身に付いたときに、とても気持ちよくお金が使えるようになりました。

例えば、若い女性がレジ打ちを頑張っている姿を見ると、支払ったお金の一部はこの女性が友達と楽しく遊んだり、本を買って新しい世界に触れるためのお金になるのだなと想像するのです。完全に妄想の世界です(笑)

この妄想が当たっているかどうかは問題ではありません(笑)。私の場合は、そんな気持ちでお金を使うようになったら、お金が出ていくことに喜びを感じられるようになったのです。そして、ここからが不思議なのですが、お金が出ていくことを喜べるようになると、自然とより多くのお金が入ってくるようになりました。使って喜び、儲けて喜ぶ!これ最高に楽しいです(笑)

こんなことを言うと「この人いっちゃってるな・・・」と思われそうですが(笑)、お金持ちたちはそのような気持ちでお金を使っているんじゃないかなと思います。使うことに喜びを見い出しているからこそ、本当のお金持ちは多額の寄付ができるのだろうなと。よく金持ちは貧乏な頃から寄付をする習慣が身についているといいます。喜んで他人にお金を使えるからこそ、喜んでお金を受け取ることが出来るのでしょうね。

ちなみに私は1万円の寄付ならさらりと出来ますが、10万円の寄付は気持ちよくできません(笑)。今はその器ということですが、いつか1000万円を気持ちよく寄付できる人になりたいですね!

このブログは私が投資をしながら豊かに生きるための日記みたいなものです。同時に皆さんの投資生活の一歩を踏み出すきっかけになれると嬉しいなと思います。